仮想通貨って現実はどういった通貨なんだろうか?道楽から取りかかるビットコイン

仮想通貨と呼ばれるものが日本国内で少し前にある企業法人に起きたトラブルが元で騒動になりました。近頃は静かなものですけれども、どういう形になったのか気になります。かなりネガティブともとれる扱われ方を見ましたけれども、正確な所、メリットはないのでしょう。仮想通貨というのは基本的に、小額を国外などに夜中であっても手軽に払い出せると言う役割を持って工夫されました。匿名性の次元が正に’小銭代わり’と言えます。ですので、たとえば遠距離に住む個人に500円分のマネーを差しだして、代わりに商品をメール便で送付して貰うなどのトランザクションスタイルには最適と言えます。国内でもメイドインジャパンの仮想貨幣は出現しているものの、少なくともグローバルに決済に使われると言う基軸通貨ではないのが現況でしょう。そしてその為には、ただの投機のために工夫されたわけでなしに、地球規模の共同体の中で汎用的に使われ愛されるという既成事実を客観的に作り出すていく事が求められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です